子宮筋腫は自覚症状が無い事から見落としやすい病気です

女医

子供の事前検査をする

カウンセリング

着床前診断とは、妊娠をする前に染色体や遺伝子に異常がないかを検査する方法をいいます。着床前診断を行なう事で、健康な子供を授かれるようになるのです。着床前診断では、特定の遺伝子異常があるのかどうかを診断する事ができる着床前遺伝子診断(PGD)という検査があります。他にも、染色体の数滴異常や性別の検査ができる着床前遺伝子スクリーニング(PGS)という検査もあるのです。この二種類の検査を行なう事で妊娠をする前に、異常があるのかどうかを知れるようになっています。日本では、着床前診断を行って健康な子供を授かるように使用されているのですが、国によっては性別の診断に使う場合もあるようです。しかし、この着床前診断を行なうには一定の条件を満たさないと受けられないようになっているといわれています。条件として、重症な遺伝性疾患児を出産する可能性が非常に高い遺伝子変異や染色体異常がみられる場合や、均衡型染色体構造異常によって流産をしてしまう可能性が非常に高いと診断された場合などが挙げられるのです。こういった診断を受けた人のみ着床前診断を受ける事ができるようになっていますので、簡単に着床前診断を受けられるとは限りません。
着床前診断を受ける場合は、自己負担となってしまいますので、着床前診断を受ける回数が多ければ多い程、費用が高くなっていきます。費用は病院によって異なるのですが、一回にあたり50万円から80万円程かかるといわれているようです。