子宮筋腫は自覚症状が無い事から見落としやすい病気です

ナース

漢方で不妊を改善する

漢方薬

京都でも不妊漢方を使用して、赤ちゃんが授かりやすい子宮を整えている女性は少なくありません。不妊となってしまう原因は、卵子や子宮の機能が低下しているだけではなく、生活習慣の乱れによって環境が乱れている場合があります。

More Detail

子供の事前検査をする

カウンセリング

着床前診断とは、妊娠を行なう前に染色体や遺伝子の異常を調べる事ができる検査になります。この検査は簡単に行なう事はできず、一定の条件を満たした場合のみ受けられるのです。

More Detail

女性がかかりやすい病気

落ち込む人

子宮筋腫とは、40歳以上の女性のうち4人に1人は持っているといわれています。子宮の筋肉にできてしまった腫瘍をいうのです。この子宮筋腫は、産婦人科でも患者の人数が多いといわれている病気ともいわれています。それ程、子宮筋腫にかかってしまっている女性が多いという証拠になるのです。子宮筋腫の症状としては、生理の量が多くなったり、酷い生理痛に悩まされたりする場合があります。よって、症状が酷い人は、貧血を起こしてしまったりするともいわれているのです。子宮筋腫が発祥してしまう原因はまだわかっておらず、思春期の前後の女性にはほとんど見られない事から、女性ホルモンが大きく関係していると考えられています。40歳を過ぎた頃から閉経をしますので、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのです。そのタイミングと同時に子宮筋腫を発祥してしまう女性が多いという事から、女性ホルモンが原因ではないかといわれていますが、はっきりとした原因がわかっていません。子宮筋腫を患ってしまった場合は、女生ホルモンのバランスと整えるホルモン治療や子宮筋腫を取り除く手術をして治療を行ないます。詳しい治療について確認をしたいという人は、産婦人科に行って医師から説明を受けるようにしましょう。専門的な治療方法を紹介してくれますので、安心できます。万が一、身体に以上を感じる事があれば直ぐに病院に行って診察をしてもらうようにしましょう。子宮筋腫は、自覚症状がほとんどありませんので、見落としてしまっている場合があります。

妊活中の女性に必要な栄養

サプリメント

葉酸サプリメントを積極的に取り入れている女性は少なくありません。葉酸サプリメントには、赤ちゃんを子宮の中で元気に育てるために欠かせない栄養素がたくさん含まれているのです。

More Detail